ふじみ野市 新築・増改築・リフォームなら田村工務店

ふじみ野市 田村工務店は、地元の皆さまに「暮らしの安心と安全と笑顔」をお届けします。

TEL.049-266-5388

〒356-0058 埼玉県ふじみ野市大井中央1-8-37

ブログ
はじめまして。田村工務店 田村幸太郎のブログです。 ここでは、仕事はもちろんプライベー トな出来事もアップしていますので、どうぞお立ち寄りください

ブログ一覧

10月1日です、みなさんは増税はどうでしたか?。

私はこういう時は何があってもいつもと変りなく生きてきました。オイルショックも、バブルの時も、リーマンショックも、そういうことで踊らされるのが一番いやです。

幻冬舎の箕輪さんもそんなことを言っていました。

朝のTVでは、~おじいちゃんが軽減税率のことを始めは3党合意だったけど、どうしてもK党がねじ込んだといってました。私はこれを見ていて違和感がありました。

初めの約束を守ったということです。今経済学を学んでおりますが負の要素ではなく、食品を8%にとどめておくことの良さは後でわかることでしょう。海外では軽減税率は当たり前です。イギリスは食品は0だということです。

システムの混乱はあるようですが、私にはこの程度のシステム管理能力しかないのかと思うと少し残念です。

なかには手書きのレストランもありました。千葉を襲った停電も、普段の生活にいかに電気が重要かと思い知らされました。

トイレはほんとに困ったものですね!!。電気がないという生活をしてその電気を起こす発電の問題。私たちは決して一人でなんか生きていけないということは分っているのでしょうが、人の行動を見ているとなんと、自己中の多いことか。暫く書かなかったのは韓国の問題があったからです。書いているとついつい批判ばかりになりそうだったからです。

今日は中国の建国記念日です。なんでも中国の人たちが8億人は海外に出るということらしいです。

今田村工務店は9月8日の未明の台風被害の工事で忙しくしています。

お客さんには保険のことを伝えると喜んでくれます。友人が知らないで自分で工事をしたのに、田村さんありがとうと言っていただいております。地元が長いということもあり、喜んでいただくのが一番うれしいです。

 

大阪城見てきました

研修の関係で大阪に行ってきました。

大阪まで来たので大阪城に行ってきました。

まわりから聴こえてくるのは、「中国語」と「ハングル」がほとんどでした。

見るから勿論日本人のお婆ちゃんはいました。G20の影響はそんなに感じませんでした。

新幹線で行きましたので、新大阪の駅ということもあるのか、賑わいはあまり感じませんでした。

むしろ研修会場は大阪の女性の声はやっぱり賑やかだと感じたところです。

大阪城の感想ですが、私は古い感じを残した松本城に惹かれます。きらびやかさは大阪城です。

観光地の色合いが強いので、中はすっかりエレベーターです。少しびっくり。だから腰の痛い私でも行けたと思います。IMG_0749

やっと自分家に取り掛かります

前の家を売却して、そのお金をもとに親のすぐ前の土地を購入しました。

やっとめどが立ったので、火曜日から始まりましたちょっと大きすぎるかなと思う家ですが、なんといてもハチロクをビルトインしますので、部屋はそうでもありません。息子が車を部屋から見たいというので隣接して部屋を作ります。

変化があったらまたお知らせできるといいなあと思います。ご近所でも興味がおありな方がいて沢山質問を受けます。ありがたいことです。

夜の街頭は9時半まで点ける事にしています

土曜日の夜9時半のこと、街頭を消そうとすると外でスマホを見ている青年がいました。「消しますが大丈夫ですか」と尋ねると「はい」というので、いったんは消したのですが、何となく何かを探している雰囲気なので、聞くと「郵便番号の356-0058」はここですか❓。なんとベトナムからきて2か月で友人の働らいている寮に行きたいらしいのですが全然わからないらしい様子なので、住所を聞いて結局車で送ってあげました。

郵便番号で探すという感覚は日本人にはない感覚ですので、正直びっくりです。スマホでグーグルマップはついていない様子でした。

私が20歳の頃、専門学校の合宿に行くのに、東京生まれの私は何も気にしないで、夜の高尾山に行った時のことを思い出しました。山は真っ暗でした。会合があり東京なんだからさぞ明るいと思い込みをしていました。

その時はもう帰ろうと思っていたら、今日は給料日だから特別最後のロープウエイがあるよということで山頂まで登ったことを思い出しました。

まあ一生懸命生きていると誰かが助けてくれるものですよ。

連休中ず~~~と仕事していました

もう子供も大きいし、特別どこかに行くという必要もなく、仕事をしていました。

下職さんも特別休む訳でもなくみんなそれぞれ仕事をしていたように思います。

ちょっと長すぎた感がありますね。

休みの入りの頃やタラ通りすがりの業者による訪問があったようで顧客のみなさんから問い合わせがありましたが、落ち着きました。

それでも一日に3軒ほどありました。「棟がずれているとか] 賢いお客さんは工事直後の写真とを見比べてそんなことはないと断ったということでした。

それでも瓦がどうだとか言われるとやはり不安になりますよね。しかし乍らそんなやり方しかないのかつくづく思います。

人手が不足しているという割には探すと仕事がないという声もよく聞きます。実際ハローワークに募集をかけている人は人が集まらないと言い、探してる人は良いのがないと言います。マッチングの難しさですね。