ふじみ野市 新築・増改築・リフォームなら田村工務店

ふじみ野市 田村工務店は、地元の皆さまに「暮らしの安心と安全と笑顔」をお届けします。

TEL.049-266-5388

〒356-0058 埼玉県ふじみ野市大井中央1-8-37

ブログ
はじめまして。田村工務店 田村幸太郎のブログです。 ここでは、仕事はもちろんプライベー トな出来事もアップしていますので、どうぞお立ち寄りください

ブログ一覧

ユーチューブで断捨離を見ました。私はやっていました。

青木さやかさん宅で断捨離の本を執筆している人のやり方を見ました。

確かにただの断捨離とは違う方法を進めていたのが印象的でした。

考え方の基本に、「これなかなか変えないものだから捨てないでとっておこうかな?」に対し、彼女は、「それはいつでも自分なら買「「そういう自分になる。叶姉妹ならそうするはず」といった言葉を投げかけていました。これはなるほどと思いました。

例として大きな容器に一つだけ残った食べ物はさっさと小さい容器に入れ替えるといった技で冷蔵庫を有効に綺麗に整頓していました。「運、これはいつも私がやっている技です。

私はいつもどこかを変えて楽しんでいます。気分も変わりますが、考えることが楽しいのです。

マリーローランさんが、寝室をリビングにしたとか?玄関の靴脱ぎの椅子を変えたりしたという話は聞いたことがあります。その椅子の座るつもりで靴を脱ごうとした、ご主人がしりもちをついてけがをした。というのです、それが原因で離婚したとか?聞いた記憶にあります。

私の変化は小さいことばかりです。でも変化は大好きです。

逃げるが勝ち

ロシア動員令が出されてから、それなりに逃げれる人は国境に向けて移動している。

逃げるが勝ちである!!。昔から逃げるが勝ちという遊びも言葉もある。

今まさに逃げるが勝ちである。命より大事なものは戦争ではない。

戦争は勝ったとしても幸福ではない。

早く終わらせて、祖国に皆帰りたいだろうな。

ロシア正教のトップが死んでも幸福であるといったことを言った。使命を果たすこと。

あんたの仕事はそんな綺麗ごとを言う時ではないはず。

プーチンにその罪の深さを教え、プーチンにこのままではあなたは生まれ変わっても永遠に地獄だと教える時のような気がする。

日本一稼げる老人は?松山千春さんだ!!

最近いいな~~っと思っているのは松山千春さんの歌である。

若い時の姿は今のジャーニズを超えている。

自分は5歳年上だが、なんでこの人のことをあまり知らなかったのかと思う。

27歳で結婚して5年間で4人を産み育てていたので、時間がなかったのだろう。自営業もしていたし。

もしかしたら引退してしまうかもしれない、いつか?自分もどこにも行けなくなってしまうかもしれない?そのうち死んでしまうかもしれない?

そう思ったら1回は見ておこうと思った。

飯能に来るというので、埼玉だし25日の販売を待って連絡したら、3分で売り切れていた。

会館直接にと思ったらやはり昨日で完売。

日本一稼げる老人は松山千春かと思った次第である。

総務省の2020年の発表では65歳から69歳の就労人口は49.6%となっている。70歳代も入れると平均して25%の高齢者がまだまだ元気に働いているということである。

かくいう私も72歳で働いている。仕事をしている方が健康にも、脳にも良いということはわかっている。

和田秀樹も著書の中で70代を元気に生きるとその後の人生も元気に生きられるということを書いている。

回転寿司は今

10円の値上げとかいうけれど、実際どれほど売り上げに影響があるのかな?

最近感じる寿司ネタに思うことがある、いわゆるすしネタでないものがおいしいということがある。

ちなみに、ナスの味噌田楽、湯葉、エビの天ぷら、オクラの天ぷら、子供が喜ぶ、ハンバーグ、カルビの寿司等である。おまけにアボガドが。

私が子供のころでは回転寿司もなかった。昭和の思い出のような酔っ払ったお父さんんが、お土産に買ってくる寿司の折箱である。

まず、子供がお寿司屋さんに入るなんてことはないのだ。暖簾をくぐって!!

私の食文化の狭さかな?スパーに行って、大トロ風に見えたけどパックに大トロとはかいていない?、社長は深海魚だと言い、喜ぶと思って買ってきた私に。一口食べてみろ、それもそうです。大トロなら必ず大トロと書くはずです。

円安とか騒いでいるが、子供を留学させていたころは1ドル260円ほどだったので今の円安は、私は何とも思わない。

髙橋洋一さんが説明しているユーチューブで見れば驚くことでも何でもないことが分かる。

朝のモーサテを見ても経済の専門家は誰一人利上げは言わない、もし利上げをしたら、住宅ローンなどが払えなくなり、もっと悲惨な経済状態になることはわかる。

ワイドショーなどに惑わされないことを望む。

最近の国葬儀に関しても、反対の仕方は異常で、まともな意見が見られないのは残念である。きっと終わった時にああこれでよかったとなるのではないかと考える。

ある地域でいかのモニュメントを作ったら、文句だらけだったのに、人気が出て、経済効果が出たとたんに、手の裏を返したように喜んでいる。

あまり一喜一憂しないことが賢いのではないか。

Zoomで会議がありました。

私的にまだ理解できないところもありまして、工務店の社長に準備してもらいました。

Zoomをダウンロードしてから始めましたが、別の会議ではPCに送られたメールだけで入れるものもあり本当に悩みます。

無事6人が集まり会議は終了いたしました。なんといっても80歳から下の年代の集まりです。

何事もなく終了したことに感謝です。

今鎌倉の13人の話題が出ましたというのも埼玉の周辺にかかわりのある地が多いことです。たまには訪れてもいいかもしれません。