ふじみ野市 新築・増改築・リフォームなら田村工務店

ふじみ野市 田村工務店は、地元の皆さまに「暮らしの安心と安全と笑顔」をお届けします。

TEL.049-266-5388

〒356-0058 埼玉県ふじみ野市大井中央1-8-37

ブログ
はじめまして。田村工務店 田村幸太郎のブログです。 ここでは、仕事はもちろんプライベー トな出来事もアップしていますので、どうぞお立ち寄りください

ブログ一覧

立ち雛買いました。

自分のためのマイ雛を買いました。

孫に買ってあげたいと思い、人形店に行きましたが、まだ要らないと言うので、自分のためについつい買ってしまいました。

美しいですよ。聞いたら85歳の方がやはり自分のためとマイ雛を買われたそうです。

最近は住宅事情もあり7段飾りのお雛様は店内にもありませんでした。IMG_1853

私の勉強机は3月3日まではひな壇に変更です。

IMG_1852

髙畑博市長新春の集いに参加

上田清司県知事始め多くの来賓が来ていました。ふじみ野市の具体的な魅力を紹介していただきました。

住みやすい街NO1になっている事、なんと税金を納める人の割合を増やしたことなどが挙げられていました。

図書館の貸し出し数ナンバー1.教養があるといわれていました。(漫画本もあるかもですよ。)

いつもの通りIMG_1833 IMG_1831②ショットを取りました。

街を見渡すと

雪の降った後の町を散見すると意外な事実があったりします。

雪かきができているところ、あえて言えば人手があるという事。

片や、動見てもやる気がないよ言うより人手がないという地域である。

飲食店など、従業員が必至で雪かきをしている。

消防本庁の道路前の中央にたまった固まった氷状態の雪は団員たちが力任せに行っている。

自宅前を一生懸命に雪かきをやっていた詩人が骨折してしまった。

いったい雪国の人はどんだけ踏ん張って生きているのだろうと、ただただ感心する。

という訳で現場の関係とか普段のお客様の(高齢者宅)家の雪かきを手伝って喜ばれた。

これが地域に根差した工務店の良さかもしれない。

 

今日も雪かきをやってます。

そろそろ始まる新築現場の雪かきをしました。

或る意味現場に入る職人の仕事がスムーズに進むように現場の監督をするにしても、この雪かきという作業はしなければなりません。

土台を引くにも雪があては話になりません。

トラックに一杯詰め込んで、事務所前の駐車場に保管です。隣の現場は4人ほどで雪かきをしていましたが自分の現場は自分一人で終わりました。

鍛えた足腰があります。

 

雪の後はいつもの通り

工務店の代表となった幸太郎は、店の前は雪かきは必要という事でいつもの通り、雪かきをやってくれました。

高校入試のため学校が休みの孫も、体力が有り余っているので親子で雪かきをやってくれています。

不動産の代表の親父は秋田出身で嫌というほど雪を経験しているので、最近雪かきをやったことはありません。

それにしても高齢者や、施設が良いという事や亡くなられた方などが多い住宅では家の前の雪かきも行う人がいない現状です。

IMG_1797IMG_1810

夜に作った雪だるまは私の背の高さほどです

IMG_1812