ふじみ野市 新築・増改築・リフォームなら田村工務店

ふじみ野市 田村工務店は、地元の皆さまに「暮らしの安心と安全と笑顔」をお届けします。

TEL.049-266-5388

〒356-0058 埼玉県ふじみ野市大井中央1-8-37

2019年

まだまだ仕事しています

今年はあまりに忙がしくて、餅つきもできませんでした。仕事も結構忙しいです。

ただ本を読んだりしていると自分の考え方が結構そのまま書かれていることに驚かされます。

今読んでいるのは、「断らない人は、なぜか仕事が上手くいく」田中和彦著。結構当たってるなという感じです。

最近は図書館に行って一回で数冊を読み切っています。

学びたいときに学ぶのが一番なんですね。

 

FAXが毎日山のようです

以前から少し気にしていましたが、FAXが毎日10枚から15枚、殆どあまり関係のない広告です。

裏紙としては使えますが、コピー機の使用料が特に大量に刷っている訳でもないのに、高いと思っていました。

コピー機の表示面は狭いので見ずらいとは聞いていましたが、問い合わせるとPCの法で見られることが分りました。画面も大きくなるので間違って消去することもなく、できるようになりました。

ほんとに聞いてみるものですね。そういう作業はコピー機を新規購入するのかと思っていたら。電話だけで操作もできるのです。

よく電話の向こう口で操作を教えて下さる人は凄いな~~~。と思っていたのですが、先日「解らないから教えて」と言われ私がある人に操作を教えました。内心「ウフフ」です。自分なりに挑戦してきてよかったと思いました。

でも1年弱パソコン教室に通いました。

病院の混雑には驚いた

一昨日人生初めての脚が痛くた立てないという経験をしたことを書きました。

病院は私ともう一人しかいなくてラッキーと思い、すぐさま診察をしていただきました。

次の日扉を開けたとたん、びっくりです。患者さんが30人もいるんです。すぐ帰りました。

そして今日行くと、またまた混んでいました。でも何となく対応をしてくれているんですね。

番は来ないのですが、「昨日の痛みが10だとすると今日は幾つぐらいですか?」

尿酸が多いようで、「痛風発作」ということでした。余った薬は抗生物質ではないので、もう飲まないでいいということでした。

相性ってあるんですね。レポートを書いているんですが、結構有難く評価をされていますが、何度も再提出でショックだという人もいます。他の科目は良いのに残念です。私も苦手な評価をくださる先生がいます人の相性はいいのですが、文章の相性が良くないのだと思います。

本だって読みやすいのとどうしても活字が入ってこない作家もいます。

相性愛称。

足が急に立てなくなっちゃった。

以前友人がホテルで急に足が痛くなり歩けなくなって、息子に迎えに来てもらったという話を聞いたことがありました。

昨日は来客も多くお茶出しもなんと6回ありました。平均30分んは話しますので、少しへ足ります。

最後のお客さんの時ふと左足に違和感がありました。客人を送り立とうとしたら、足が痛くて着けないのです。

一瞬「なんだこりゃ~~~」とりあえず病院へ行きました。誰もいなくて静かな病院でいいな~~~。

結構親切な対応でした。ジェルを塗って取るの何でしたっけ?とにかく足首の周りに炎症が赤く見えました。

先生は運動のし過ぎではないし、理由が何かわからない炎症だと言って不思議がっていました。

今日は午前の診察ということで、行ってみたらびっくりぽん。あの広い待合室は満員でした。何時間かかるか分からないのでまたすいてそうな時間を見測っていきます。とにかく歩けなかったのですが今日は歩き方の要領も分かり炒め止めの効果もあり歩けるようになりました。ほんとにびっくりした出来事でした。

そういえば前の日に何となく、急に痛みはやってくるものよという話をしたところでした。そういえば1週間前かかとお年をやったのですが、踵が上がらなかったのも影響しているのかもしれません。

家族みんなが忙しい。

社長になった幸太郎も人の3倍は仕事をしてるかもしれない。

私もこんな忙しい69歳ってありかなと思う?.家の私道をはさんだ土地にログハウスを建てました。

事務所の対応客がかち合う時には、このログハウスを使います。

結構雰囲気がよく使い心地は最高です。

今経済関係の本が面白く10日で5冊ほど読みます。なかには斜め読みもあります。

田村耕太郎の本が面白かったですね。経験値からくる書き方き方をしているので、そうだねそうだねという箇所があります。

図書館が近いのでこの手の本は買う事もなく借りています。議決権行使の代理人資格の制限に関する問題を読んでいます。

田村工務店です、今後ともよろしくお願い致します。

お客様から検索すると他のとリンクするといわれましたが、田村工務店、ふじみ野市と入れて下されば大丈夫です。

スマホからの検索の対応が、少し被るようです。ずらとは違うので被るのはよくないですね。

この右派パレードには相応しお天気でした。やはり平和の槌音を感じました。

昨日はまたもや相談が入りました。仕事とは関係の無いことです。兄弟の病気を始め、人生の設計やらです。

よくあるのはどうせ死ぬからといいながらだらしのない生活をしていて、やっぱりお腹がすくと人を呼ぶということです。

どうせ、どうせといわず、プラトンが言うところの正しく生きるということを貫いた方がいいようです。

それにしても、家を片付けられない人が増えています。私も少しづつものを減らしています。

ふじみ野市も来年の四月からは粗大ごみが有料になるので、粗大ごみはその前に片づけることにしよう!!。

 

10月1日です、みなさんは増税はどうでしたか?。

私はこういう時は何があってもいつもと変りなく生きてきました。オイルショックも、バブルの時も、リーマンショックも、そういうことで踊らされるのが一番いやです。

幻冬舎の箕輪さんもそんなことを言っていました。

朝のTVでは、~おじいちゃんが軽減税率のことを始めは3党合意だったけど、どうしてもK党がねじ込んだといってました。私はこれを見ていて違和感がありました。

初めの約束を守ったということです。今経済学を学んでおりますが負の要素ではなく、食品を8%にとどめておくことの良さは後でわかることでしょう。海外では軽減税率は当たり前です。イギリスは食品は0だということです。

システムの混乱はあるようですが、私にはこの程度のシステム管理能力しかないのかと思うと少し残念です。

なかには手書きのレストランもありました。千葉を襲った停電も、普段の生活にいかに電気が重要かと思い知らされました。

トイレはほんとに困ったものですね!!。電気がないという生活をしてその電気を起こす発電の問題。私たちは決して一人でなんか生きていけないということは分っているのでしょうが、人の行動を見ているとなんと、自己中の多いことか。暫く書かなかったのは韓国の問題があったからです。書いているとついつい批判ばかりになりそうだったからです。

今日は中国の建国記念日です。なんでも中国の人たちが8億人は海外に出るということらしいです。

今田村工務店は9月8日の未明の台風被害の工事で忙しくしています。

お客さんには保険のことを伝えると喜んでくれます。友人が知らないで自分で工事をしたのに、田村さんありがとうと言っていただいております。地元が長いということもあり、喜んでいただくのが一番うれしいです。

 

大阪城見てきました

研修の関係で大阪に行ってきました。

大阪まで来たので大阪城に行ってきました。

まわりから聴こえてくるのは、「中国語」と「ハングル」がほとんどでした。

見るから勿論日本人のお婆ちゃんはいました。G20の影響はそんなに感じませんでした。

新幹線で行きましたので、新大阪の駅ということもあるのか、賑わいはあまり感じませんでした。

むしろ研修会場は大阪の女性の声はやっぱり賑やかだと感じたところです。

大阪城の感想ですが、私は古い感じを残した松本城に惹かれます。きらびやかさは大阪城です。

観光地の色合いが強いので、中はすっかりエレベーターです。少しびっくり。だから腰の痛い私でも行けたと思います。IMG_0749

やっと自分家に取り掛かります

前の家を売却して、そのお金をもとに親のすぐ前の土地を購入しました。

やっとめどが立ったので、火曜日から始まりましたちょっと大きすぎるかなと思う家ですが、なんといてもハチロクをビルトインしますので、部屋はそうでもありません。息子が車を部屋から見たいというので隣接して部屋を作ります。

変化があったらまたお知らせできるといいなあと思います。ご近所でも興味がおありな方がいて沢山質問を受けます。ありがたいことです。

夜の街頭は9時半まで点ける事にしています

土曜日の夜9時半のこと、街頭を消そうとすると外でスマホを見ている青年がいました。「消しますが大丈夫ですか」と尋ねると「はい」というので、いったんは消したのですが、何となく何かを探している雰囲気なので、聞くと「郵便番号の356-0058」はここですか❓。なんとベトナムからきて2か月で友人の働らいている寮に行きたいらしいのですが全然わからないらしい様子なので、住所を聞いて結局車で送ってあげました。

郵便番号で探すという感覚は日本人にはない感覚ですので、正直びっくりです。スマホでグーグルマップはついていない様子でした。

私が20歳の頃、専門学校の合宿に行くのに、東京生まれの私は何も気にしないで、夜の高尾山に行った時のことを思い出しました。山は真っ暗でした。会合があり東京なんだからさぞ明るいと思い込みをしていました。

その時はもう帰ろうと思っていたら、今日は給料日だから特別最後のロープウエイがあるよということで山頂まで登ったことを思い出しました。

まあ一生懸命生きていると誰かが助けてくれるものですよ。