ふじみ野市 新築・増改築・リフォームなら田村工務店

ふじみ野市 田村工務店は、地元の皆さまに「暮らしの安心と安全と笑顔」をお届けします。

TEL.049-266-5388

〒356-0058 埼玉県ふじみ野市大井中央1-8-37

ブログ

景気戻った感がします

くだらないとは言いませんが、実に必要のない電話が毎日着ます。

これはコロナの前がそうでしたがコロナ禍ではグッと無くなった現象でした。

最近また来ます。かなりしつこいのもあります。

携帯電話にメールで『お荷物を届けたのですが不在でした」なるメールはヤバいということは知っています。とうとう私にも来ました。夫にも来ました。

何をしたいんだろうか❓?、その智慧なり技をいいことには使えないのだろうか❓?、どうしても安易に儲けるということをしたいのだろう。

そんな道はないことを学ぶ必要があると思う。

今何かをして一見儲かっている人は、必ず基礎を築いてきた人達です。

型破りというのは型をしっかり身に付けた人が、やる技です。

青い食器が増えました

青い食器       zoomで授業を受けたことがありますが、見栄えがいい服というのは青だそうです。

そういわれると最近TVでも青い服が目立つようにも思えます。我が家でも青い食器が増えました。何となくおいしいというか,お洒落な感じです.

それとは別に不用品と思われるものを減らすことにも、挑戦しています。

吉本新喜劇大好きな孫たち

笑いの感覚は年代によって違うのは当たり前だ。4歳の孫は『お邪魔パジャマにはまっている』必ずこける.今はやらないがこの子のお兄ちゃんも4歳ぐらいの時、

「こんばんわ~^」でこけていた。街中を歩いていた時、屹度似ているフレーズが聞こえていたのか、道路でわざとこけていた。反応しているのだ。

今日も孫5人が集まり4人は泊まっていった。一人の中のブームが「鬼滅の刃」である。私もともかく見てみた。

人気があるというのはそれなりに訴えるものがあるようだ。とにかく2年生が一番ハマっていたテレビの最中しゃべりっぱなしである。部屋が暗いと怖いと言っていた子も、鬼滅の刃が平気で見れるようになるものだ。

深夜12時前になって私の寝ている所に来て寝る場所を変えてくれというのだが理由は、怖いからではなく、爺ちゃんのいびきがうるさくて寝れないというのである。

そしてたまに泊まれる嬉しさからかやはり興奮して夜中の3時には目が覚めてしまったり、また寝てまた起きたりと忙しい子である。そういえばこの子の父親も(私の次男)もみんなが寝てから、ママコーヒー飲む?と言って夜11時ごろ、起きて私にコーヒーを入れてくれて、二人で夜を過ごすことの多かった子です。私は4人子供がいましたのでなるべく少しでも一人づつ時間をとって過ごしたものです。

 

GO-to-eatもいつも問題ばかりですね。

誰かは「ずる」だと思うかもしれないが、ポイントを多く貰って釣銭で得をする話です。たかが600円前後の儲けらしいです。こんなことする?と思うかもしれないけどその人の「ずる賢さ」かもしれない。その人を擁護するわけではないが、必ずそんな人はいるはずです。まさかかと思うけど現実にいる訳です。

でもその人は今回の前に1回はどこかで食事をしている訳で、次回使えるポイントを使ったということですからそのために機会費用を使っている訳です。この人だって割に合わない仕事だと思います。でも法律違反している訳ではありません。2回も行動を起こして600円位の儲けです。機会損失です。

私的には「故郷納税」だってこれによく似ていると思います。本来の純粋に地方を応援しようとするはずだった、故郷納税だって、本来の趣旨とは違っているような気になります。もっとも地方は心ばかりのお礼品にすればいいのに❓?、例えば地元の子どもの書いた手紙だっていい訳です。

そんなんじゃあつまらないから豪華賞品を、プレゼントして、協力者の心を買ってしまったんです。私にはこの問題と何となく似ているような気がします。

あくまで個人の感想です。

必ず何をやろうが抜け穴はあって、それを四六時中楽しんでいる人がいるってことです。むしろこういう人こそある意味、智慧の塊で何か政策を起こす時は、こんな人の知恵を拝借できるような仕組みを構築すればいいんですよ。それこそ賞金付けてけて立派なアイデアには賞金は付けても惜しくないと思います。

来年のカレンダーが届きました。

カレンダーを配る季節がそこまで来ています。

以前からカレンダーを楽しみにしてくれている方が多いです。なんていったって、最近は景気が良くないのか・カレンダーがもらえなくなったというのです。

市役所のカレンダーか銀行の一枚者だけだというのです。

今年もあと3か月を残すところです。先日家を購入した方が、カレンダーを探しに行ったらもう来年のしか無いということです。

丁度一部余っていたカレンダーを差し上げたら喜んでいただきました。

中にはあんなに立派なのはもったいないからいいという方もいます。

カレンダーを配るのにも、親子でやり方が違います。必ず手渡しをモットーにしている夫と、カレンダーサイズに合った袋を用意しておいてくるタイプです。

どっちが楽化?どっちがいいか❓どっちでもいいのです。ただ最近は夫も、留守宅が多いので手渡しは無理なところも多くなったということです。輸送で全て任せるのもいいのですが、顧客名簿は渡すのは嫌がっているのでそれはないと思います。

自営業はいつも親子の葛藤がつきものです。

もしかして帯状疱疹

4日前から左半分背中がやけに痛くてちょっと辛いかな~~。

2日前はロキソニンを服用して寝ました。

今日は4日目なので病院へ行きました。昔長男が痛いといった時、「もしかしてそれって帯状疱疹かもよ」と伝え病院に生かせると『おっかの言う通り帯状疱疹だって」と返ってきました。若いというのか痛みはあまりないようでした。25年ほど前の話ですが、何となく思い出し、この痛さと何となくこれが帯状疱疹かと思いながら病院に行きましたが湿疹や水ぼうそう的なものは出ていません。

ふと思うのですが、診察前の状況報告の中に病名的なものを書こうとすると、案外病名って字が難しいのを感じます。結構書けないので自分でも恥ずかしいです。

最近気がついたのですが毎日パソコンを非タクト難しい漢字の読みが出ますね。今日のは「予予」かねがねと読みます。今かねがねといれても、あいにくパソコンは変換してくれませんでした。

半沢直樹と同じ桔梗を偶然

IMG_1284  最終回の半沢直樹にポイントとして登場したのが、この桔梗でしたね。

 

私は偶然、いつも行くスーパーにあまりにも紫がステキな色に思わず買ってしまいました。翌日番組を見てびっくり。番組の中では主役です。

孫の食に関する興味

孫が6人集まった、食に関する興味は随分違いがある。4年生の男子は豚Qに行っても一口も何も食べない。「俺は新しい食べ物には、挑戦したくない」という。6年生は美味しそうに食べているのに~~~。毎週のように泊まっていくので、1回は外食に行くようにしている、他の時はみんなで手作り楽しんでいる。よく行くのは、サイゼリア、はま寿司(くら寿司は混んでいて予約も取れない)ステーキのどん、もすばーがー、近所にある焼肉牛国、同じく焼き肉のさんあい、ドミノピザ、お蕎麦屋さんでぐらの、などが主な外食先である。どうしても新しい所は嫌うので4年生一人残していけないので、爺ちゃんか私が残ることになる。じいちゃんも新しい所は行きたがらない、変なDNAが似るのかもしれません。頑固です。そこ行くと女性はあたらしいものに特に興味を持ちます、さかいのコーヒーにもいくし、セイコーモータースの近所のニームというピザ屋さんにも行きました。ジャム3281というカレー屋さんも美味しいですよ。こうしてみると我が家の近所は飲食店であふれています。ここには書きませんが木曽路・海勢・スエヒロといった高級感あふれるお店もあります

いいね!!の代行いいのかな~。

昨日テレビで紹介されていたことだが、「いいね」の代行がはやっていてるそうである。主婦が軽い気持ちで小遣いを稼いでいるという。

アカウントを何百と持ちなりすましをするという。

現在の法律では何も取り締まれないらしいが、SNS上では禁止行為だそうだ。

どの分野も新しい事が侵入すると、法律が間に合わない。

実害も紹介されていた。広告料を伴う方法なのでクリックされて数字が上がると広告費が300万円にもなってしまうらしい。その割には客は全然増えないという事。この社長さん調べたら、クリックは0秒で全て嫌がらせでネット検索上の下に位置する会社の嫌がらせと分かったらしい。

いや~~~。私なんて誰も見なくてもいいぐらいで書くので結構辛辣なことを言うと、このブログの前から言われていました。その時にはファンがいていつも面白く行政の事や、制度のことが分っていいと言われていました。

その職業を離れて書くのはやめようと思ったのですが、いわばこれは「認知症対策」です。通信教育のレポートも、めっちゃ頑張って10日間で4本ぐらいは仕上げます。まだまだ認知症は先かな~~~!!。解りません突然やってくるのでしょう。何もかも嫌になりかけて~、これは松山千春の歌の一節で優しく甘い声で歌う部分です。子守唄のように聞いて寝ています。

持続化給付金、何故貰えるのに、貰わない。

たぶんこの条件なら建設工事の関係で、前年の50%の売り上げで行けると思いますが、いけるというのは50%の月はあるという意味です。しかし次の月は200%ということもあります。この制度の対象はおそらく飲食関係を想定したのでしょう。

だから私は始めから給付金は考えませんでした。後から税務署がとやかく言う方がうるさいです。

現実は今日も報道にありましたが、不正です。大学生がちょっとした感覚で不正に手を染めてしまいます。

でもこの制度は急を要しました。どんなに厳格にやったって、一部の悪は存在します。

でもこの制度で助かったという人はいたはずです。中にはこのお金で、持続化ではなく廃業の整理につかったと言います。

店の持続ではなく新たに生きる持続かもしれません。